プロフィール

藤本忍 (有馬忍)

今治市生まれ。ファンキー・ジャズを聴いて傾倒する 稲垣次郎ビッグソウルメディアで有望な新人としてデビュー。のちに高橋達也と東京ユニオンにスカウトされ。スリーブラインドマイスより「God the Spirit」をリリースする。以後、金井英人グループ、岡本章生とゲイスターズなどでソロ・プレーヤーとして活躍する。原信夫とシャープ&フラッツに抜擢され、「Jazz Unlimited Live’80」を発売する。その後、宮間利之とニューハードオーケストラに入団。世界各国のミュージシャンが一同に集まった、インドでの「ジャズ・ヤトラ’82フェスティバル」に出演。翌年、SMSレコードから発売された 「ミスティ」では、「アランフェス・コンチェルト」と「いそしぎ」のフィーチャーで好評を博し、芸術祭優秀賞を受賞する。中村達也グループで、藤本のオリジナルであるタイトル曲を含むアルバム「ルーカス」を発表。その後、山下洋輔パンジャ・スウィング・オーケストラに加入。日野皓正、坂田明、渡辺香津美などのゲストと共演する。 一方、これと平行して、自己のグループ「藤本忍&エモーション」を結成。その演奏は1992年、イタリアの新聞「セラ」誌でも紹介され、絶賛された。1995年10月には、ラッツパックレコードよりリーダー・アルバム「ホープ」のCDを全国発売。

1996年以降は、日野元彦、村上ポンタ秀一、渡辺文男、向井滋春、中村誠一、峰厚介、本田竹広、市川秀男、山下洋輔らの一流ミュージシャンとセッション活動を行いながら、自己のグループを率いて全国各地でコンサート活動を展開している。 

さらに、有馬徹ノーチェクバーナのコンダクターに就任。その後2010年ラテンビッグバンド 「有馬忍 東京ラティーノス」を結成。日比谷公会堂で行われた「栄光のラテンビッグバンド」にて故有馬徹氏の遺志を引き継ぎ「有馬忍」として襲名披露公演を行う。東京キューバンボーイズや夏木マリ、加藤久仁彦、えまおゆうなどのゲストたちと共演。演奏活動を展開している。

 地元所沢市の社会人ビッグバンド ビッグフェロージャズオーケストラをプロデュース 地域の音楽活動にも貢献している

トランペット 藤本忍

宣材用写真です こちらからお使い下さい

有馬忍 東京ラティーノス

宣材用写真です こちらからお使い下さい